防災用簡易トイレ・非常用トイレ・災害トイレ・停電時電源切替装置 エレクピース

トピックス

TOP>トピックス

南海トラフ巨大地震に備えよう防災備蓄最重要2品目+明かりと情報

国の被害想定(最悪のケース、冬の深夜)

被害面積:30都道府県 死者:32万人(静岡県:105,000人)

避難者:全国で950万人(静岡県のみ:90万人~120万人)

国は被害があまりにも広域かつ甚大更にインフラの被害も深刻、このため早期の支援は期待できず、トイレ、水、食べもの等、これまでの3日分以上から7日分以上の備蓄を呼びかけております。

トイレ

震災発生から7日程度は自らの責任(自助)と地域の支え合い(共助)で、国や県その他(公助)の支援が得られるまで生き抜いて欲しいと呼び掛けているのです。

㈱えざきカルチャープロモーションは、この防災備蓄最重要の2品目の他、急速に広がってきました停電対策について停電時電源切替装置エレクピースによる停電時でも普段と同じ電気回線を使って照明やテレビ、パソコン、冷暖房、携帯電話の充電なども利用できる㈱赤松電気が開発し、特許を取得した画期的な装置の導入を提案させていただきます。

エレクピース

2013年6月


ページの先頭へ